Menu

指導方針・特徴

Home

指導方針・特徴

UPAの指導方針・特徴

個別にサポート、通学、通信。自分に合った受講方法で、短期合格。

教養試験・専門試験対策は、少人数制通学講座、個別サポート通学講座、通信講座、フルサポート講座があります。
少人数制通学講座は、全科目の受講のほか、出題数が多い科目、どうしても得点したい苦手科目などの中から、選択受講することもできます。基礎から受験レベルまでマスターしたい方にお勧めです。少人数制ですから質問もしやすく、カリキュラムも受講者の都合に合わせて柔軟に設定します。

個別サポート通学講座は、マンツーマンで、講師に直接質問したり、ポイントを絞って講義を受けたり、効率よく合格レベルに引き上げる講座です。

通信講座は、UPAの教材、または、市販の教材に関して、メールや電話による質問ができます。合格するまで、常識の範囲内で回数・時間無制限です。

フルサポート講座は、通信講座、個別サポート通学講座、少人数制通学講座、オリジナル教材、模擬テスト、2次試験情報、面接論作文等対策講座を、通常の受講料より30%~50%割引で受講することができます。

何千問もテーマ別過去問演習ができるオリジナル教材

UPAのオリジナル教材は、過去問をテーマ別に数多く解答し、その結果をインプットすることで、短期合格してもらうという方針で作られています。
数十年分の過去問をテーマ別に分類すると、どの範囲をどの程度勉強すればよいか見えてきます。
過去問を数多く解くことで、勉強が苦手な人でも効率よく合格ラインを超えることができます。
その過去問を解くのに必要な知識を網羅したオリジナルテキストがさらにバックアップします。

個別サポート通学講座と通信講座では、市販の教材でも、UPAのオリジナル教材でも、使用することができます。
少人数制通学講座では、生講義という性質上、テキストだけはUPAのオリジナル教材を使用します。

2次試験対策も個別指導で万全

着実に勉強すれば1次試験は突破できますが、本当の勝負は2次試験。
人物重視の傾向が強まる中、UPAは独学での対策が難しい面接試験、論文試験などの2次試験対策には特に力を入れています。
過去の合格者が残してくれた正確な情報をもとに、サポート歴25年のプロ講師とマンツーマンで相談しながら、その人に合った最適な準備を進めることができます。
面接では、その人の個性を見極め、質問や展開を予想し、正攻法でいくか、奇策を用いるか、合格率を高めるために、微妙な調整を行います。
また、論作文も元新聞記者のベテラン講師が完璧に仕上がるまで、何回でも丁寧に指導いたします。

最低の受講料で、最高の合格率を目指して!経済的負担も最小限に。

アルバイトをしながらでも合格してほしいという願いから、マンツーマンや少人数制でありながら、受講料は極力抑えております。
ただし、教材はすべてプリントしてお渡しします。教材費が若干高いのはそのためです。ご了承ください。
科目選択受講で余計な費用を抑えられるほか、ご事情に合わせて、回数無制限で分割納入もできます(別途、分割手数料月額200円が必要です)。